製薬会社MA(メディカル・アフェアーズ)社員が配信するバイオ・医薬品に関する業界・企業研究、就職・転職支援サイト!

バイオ・医薬品の業界・企業研究ブログ

お役立ち/おすすめ 就職・転職対策

【就職・転職対策】医薬品・医療に関わりながら異業種で年収をあげていく方法!年収が大事なら大きなお金の動く業界に転職しよう!

投稿日:


スポンサーリンク

どうも、こんにちは。のぶです。

年収ってもっとも気になることですよね。

サラリーマンは、できる限り年収を最大限にしたいと思っているはずです。

私は医薬品業界が好きで、今後も医薬品に関わりたいと思っています。

ただ、同じ医薬品業界内で年収を上げていくには限界があります。

皆さんの中にも、医薬品にすごい拘りがあって、医薬品業界に関わり合いながら年収を上げたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

私は過去に色々と調べてチャレンジしてみたので、その時の体験を共有させていただきます。

ちなみに医薬品業界内、つまり製薬会社・医療機器メーカーで転職を繰り返しても、年収をあげるには限界があります。

よくても1500万くらいだと思います。

ベンチャーにいった場合に年収で1200〜1300万の提示+ストックオプションという感じで、1500万くらいだとイメージしています。

今、MSLの求人を見ていても、〜1200万、〜1300万という求人が多いのと、経験により考慮みたいになっていますが、基本的には破格の金額が提示されることはないと思います。

もちろん、メディカルドクターの案件では〜2000万とか、それ以上があるので、医師の場合は異なることは留意ください。

じゃあ、どうやったら医薬品に関わりながら、年収をさらに高めていくのかについて考えてみました。

そして、私は過去に転職エージェントに相談したり、メンターとなる人に相談した結果をお伝えします。

一般的に年収を上げるには、大きなお金が動く業界に身を置くことが重要!

皆さんもご存知かもしれませんが、大きな金額動く業界にいくことが年収をあげる近道です。

一般的に知られているのが、金融業ですよね。ゴールドマンサックスとかでしょうか。

あとは、会社を買収したりするM&Aの業界ですね。会社を買収するのは、中小企業でもけっこうな金額が動くので、年収が高い業種として知られていると思います。

医薬品も薬価が高い製品があるし、市場が拡大傾向なのでけっこうな金額が動いていると思うので、それなりに年収が高いはずです。

でも、金融やM&Aの業界には負けます。

そこで、私は医薬品業界に関わりながら年収をあげるための方法として考えたのが、以下です。

高年収=大きなお金を動かす仕事(会社買収などに関わる)×医薬品です。

医薬品業界で持っている営業や開発、メディカルの経験をもってお金を動かせる業界に転職する、これが近道だと思います。

実際に、どんな仕事なら良いのかについて続いてお伝えします。

医薬品・医療に関わりながらお金を動かせる業界とは?

その業界は、金融業界ですね。

具体的には、ベンチャー・キャピタル、プライベートエクイティといった仕事です。

または、M&Aアドバイザリーのような仕事です。

最近では、バイオテック企業が全盛の時代に突入し、どんどん高額な薬剤が出てくることが予想されます。

そんなバイオテック企業への投資業務、M&A業務などを行う仕事であれば、高年収が期待できるのではないかと思います。

M&Aアドバイザリーでは、バイオテックの買収や提携というよりも、中小企業向けの案件、特に薬局や医療機関の案件を扱うことの方が現実的かと思います。

もちろんバイオテック企業の買収などに携われたら面白いと思いますが。

他にも職種はあるかもしれませんが、金融業界に身を置くことが重要です。

どうやったら金融業界に転職できるのか?

一番気になるのは、ここですよね。

一気に金融業界に行く方法もありますし、間接的に行く方法もあります。

1. 直接、金融業界に転職する方法!

通常の通り、転職会社に登録して、希望を伝えることで案件を紹介してくれます。

ただ、医薬品業界から金融業界に直接行くというのは、職種選択で選択肢はそこまで多くはないと思います。

実は、MRからでも異業種に転職している方は大勢います。

私の知り合いもコンサル(デロイト)やベンチャーキャピタルになった方を知っています。

以下、情報が参考になりますので、ご覧ください。


2. 間接的に金融業界に転職する方法!

一旦、コンサル会社に入社してヘルスケア業界の案件に携わり、コンサルとして素養を身につけてから転職するパターンです。

私は、以前にこのコンサルへの転職を進められて、面接も行ったことがあります。

医療コンサルだったので、やっぱり医薬品が良いなと思って医薬品業界内での転職しかしていませんが。

このパターンでは、コンサルから次の転職における選択肢の幅が広がるのでオススメです。

以下、参考になる情報があります。

  

コンサルでは、特に戦略系と呼ばれるコンサル会社、マッキンゼーやらボストンに入社できればかなり将来的な選択肢は広がると思います。

入社するハードルと、入社後のハードルがかなり高いと思いますが・・・

それ以外でもヘルスケアに特化したコンサルを有するデロイトなんかも良いと思います。

他には、野村総合研究所、三菱UFJリサーチ&コンサルティングなどシンクタンクのようなところも良いと思います。

ほかにもコンサルは案件はけっこうあると思いますので、転職エージェントから聞いてみてください。

最後に

私は、当時は色々なサイトに登録してコンサル系を中心に受けました。

次回は登録して役立ったサイトをご紹介します。

コンサルはなかなか書類選考が通りませんでしたね。

一方で、今流行りのエムスリーもコンサルに分類されるみたいで、当時エムスリーは面接も最終まで行きましたし、思考力が相当につくと思うと転職エージェントから勧められました。

他には医療系のコンサルの面接も進みました。

私は、最初の転職の際にコンサルを経由して、経営企画や金融業を目指そうと思った時がありますが、

他の製薬メーカーが先に内定が出てしまったこと、コンサルは入社後も苦労するかもなぁと思ってその時はチャレンジできませんでした。

でも、今考え直してみて、もう一度チャレンジできるなら応募したいなぁと最近思っています。

自分のキャリアに色々な要素を掛け合わせることができること、つまり市場価値が高まるような転職が可能なのが金融やコンサルしたいと思います。

また、年収の高い業界に身を置けることなど、他にもメリットは大きいと思います。

そこらへんも次回以降、書いていきたいと思います。

ではでは、この辺で。

スポンサーリンク

-お役立ち/おすすめ, 就職・転職対策

Copyright© バイオ・医薬品の業界・企業研究ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.