製薬会社MA(メディカル・アフェアーズ)社員が配信するバイオ・医薬品に関する業界・企業研究、就職・転職支援サイト!

バイオ・医薬品の業界・企業研究ブログ

MSLの仕事

【MSLの仕事シリーズ】MSLの裏話!MRや文系MSLは今後MSLにはなれなくなるかもしれない?これって本当!?

更新日:


スポンサーリンク

どうも、こんにちは。のぶです。

今回は第2回目の裏話です。

MRからMSLに転職がまだまだ出来ると少し前までは思っていましたが、

4月からのMSL MAのあり方とか、ガイドラインの影響もあるのか分からないですが、MSLになるのにちょっと風向きが変わってくる可能性がありそうなことを聞きました。

ただ、あくまでも噂ですので、まだ本当にそうなるか分かりません。

最近、とあるメーカーのMSLとお会いしまして、今後のMSLのあり方というかメディカルの動向について少し教えてもらいました。

とあるメーカーと言いながら私の以前の職場でお世話になったMSLの方です。

お会いした元同僚が考えるMSL像なのか、会社の方針かはわかりませんが、噂話として聞いてください。

信じるか信じないかはあなた次第です。

MRは今後MSLに異動すらできなくなる時代が来る!?

一つ目に聞いた、MSLになれる方の条件として、

MRからMSLへの異動が今後はなくなる方向だということです。

すでに外資系製薬会社ではMRからMSLに異動してくることはほぼありません。

よほど人が足りない、何かの事情がない限りはないような状況です。

これはけっこう当たっているかもしれないですが、各社がこのような状況かはわかりません。

このようなことが起こっている背景には、日本製薬学会が出しているMSLとしての要件であったり、製薬協からのMA/MSLの基本的な考え方によるものと思います。

製薬協では以下をMSLとしての要件として定めています。

教育機関にて医学・薬学関連の教育を受けた者
• 学位(修士号・博士号)を有する者、または医師、歯科医師、薬
剤師、看護師の資格を有する者が望ましい

・関連する規制や社内標準業務手順書について継続的に
教育、訓練を受けている者

※参照 日本製薬医学会 MSLの提言

また、MSL要件以外にも、MR経験年数が長いとやはりセールスの印象というか、どうしても製品売り上げと切り離すことが難しいというのが印象としてあるようです。

本当かと疑いたくなる理由ですよね。

今後は完全に営業から独立組織をメディカル・アフェアーズは目指さないといけないみたいですので、わからなくもないのですが。

ただ、私個人的にはこの見解はどうかと疑問に思います。

個人次第で、考え方を変えればMSLとして活動できると思います。

MSLに異動なりしてきたら、マインドチェンジが必要だとは言われますね。

現に私も昔MRをやっていたので、この条件に当てはまるならダメです。

MRからの異動がダメというのは何か違うと思います。

MRの方でも修士号・博士号取得者もいますし、英語もできる方がいます。

つまりMSLとして働ける素養のある方も含まれているので、ちょっと待て!と言いたくなります。

MRの経験年数を重ねる前に異動もしくは転職を考えたほうが、もしかすると良いかもしれないと思ってきてはいます。

文系のMSLはどうなるのか?

数は少ないですが、文系出身のMSLの方がいます。

今後こういった人たちは異動があるかもしれません。

なぜなら、MSLの要件に当てはまらないからです。

そういっている会社があるということにちょっと驚きもありますが、今後の流れとしては仕方がないのかもしれません。

おそらくマーケティングとかに異動になるのでしょうかね。

むしろマーケに行きたい!という声も聞こえてきそうですが。

ただ、文系だからといって学校で学んできた4年間がたまたま文系だったわけで、

仕事としてMSLをやっている期間が長かったらどうするの?って話です。

文系出身だから理系にはなれないかというとそれも違いますよね。

サイエンスを学んでいる人が望ましいのは分かりますが、なかなか大胆な発想だなと思ってしまいました。

文系の方が大学院で理系行って修了したらどうなるの?と思います。

それは良いんでしょうね、きっと。

結局何が言いたいのか?

結局何が言いたいのかと言うと、

MSLになりたい人は、今のうちに転職なり、MRから異動できるなら希望をガンガン伝えておくことです。

いつ時代が変わるかも分かりませんので。

私も最初転職活動していた時期は、MRからMSLになるハードルはかなり低かったです。

当時は全然人気もなかったし、すぐに内定が出ました。

でもそこから2年くらいで風向きが一気に変わったような気がします。

いきなりMSLへの転職の風向きが変わる可能性もありますし、変わらない可能性だってあります。

ただ、転職や異動には備えておいたほうが良いと思います。

常に準備をしていることが重要と思います。いきなりきたチャンスをつかむために。

転職なら、MR出身で医師とのコミュニケーションに優れた方を求めているところはまだあります。

今ならまだ転職先があります。大丈夫です、転職可能です。ぜひエージェントにも聞いてみてください。

相当気合を入れて、転職の準備をして臨むことでMSLのポジションを勝ち取ってください!

ぜひともMR出身でMSLになりたい人がいたら、チャレンジするのは今のうちかもしれないので、頑張ってみる価値はあります!

転職のオススメサイトは以下です。ご参考にしてください。

ちなみに、相談いただければアドバイスは可能ですので、ご希望があればご連絡ください。

以下、アドレスです。

healthcare_medicure@yahoo.co.jp

ではでは、この辺で。

スポンサーリンク

-MSLの仕事

Copyright© バイオ・医薬品の業界・企業研究ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.