製薬会社MA(メディカル・アフェアーズ)社員が配信するバイオ・医薬品業界ネタ、MA・MSL就職・転職支援サイト!

バイオ・医薬品業界におけるメディカルアフェアーズのブログ

年収・キャリア

【キャリア】あなたは転職を考えたことありますか?

更新日:


スポンサーリンク

どうも、こんにちは。のぶです。

あなたは、転職を考えたことはありますか?

私は何度も考えています。今も転職のチャンスがないかを探っています。

転職はいつでも出来るんだ、と思えると今の仕事も心が楽になります。

ときにものすごいプレッシャーと失敗したときのことを考えて、

嫌になるときがありますが、転職できるようにしとけばいいや〜といつも気軽に

考えながら仕事をしています笑

けっこう精神衛生上、良いですよ。楽です。

ただ、本当にいつでも転職できるように、スキルは磨かないといけないですけどね。

転職したい?しなくてよい?それとも転職出来ない?

転職したい方、しなくても良いとお考えの方、色々いらっしゃるとは思います。

転職したい方は、その方のタイミングがあると思います。

何かしら事情があると推察します。

一方で、転職しなくても良いとお考え方で、過去に一度でも転職を考えたことありますでしょうか。

例えば、MRの方に関して、特に営業成績が優秀な方で英語もできる、

医師との折衝力も高い、サイエンスがわかる、MBA取得している、

理系・医歯薬系院卒など、非常に優秀な方がMRをしているケースがあります。

そういった方は転職市場では高い価値がある可能性があります。

そのような方は転職を考えてみてはいかがでしょうか。

このままMRでいきますか?

優秀なMRの方は、別の道を考えてみないでしょうか。

きっと今までにない視野が広がります。

私は現在MSLに従事しておりますが、MRの方が良かったと思うことが今でもあります。

なぜなら給与が高いから、です。

ただ、MSLになったことでできる仕事の範囲が増えましたし、

スキルが上がったように思います。

今まで思考していなかった頭がまわり出したような気がしています。

視野が広がったと確信しています。

MSLの魅力って何?

MSLの魅力は、臨床研究に携わりデータ・エビデンス創出に関わることが出来ることです。

自分が関わった研究が世にでることが体験できます。

あと、医師からも必要とされることが多くなりました。

医師が望むのは、臨床研究や非臨床研究の話題だったりします。

あとは、全国を出張して色々とその土地を知ることができることですかね。

全国出張が苦にならないようであれば、

その土地の美味しい食事を楽しむことができますよ。

MSLに転職したい、もしくは異動したい!

ここまでお読み頂いて、MSLに転職したいと思ったでしょうか。

思った方は読み進めていただければと思います。

まず異動を考えた場合、会社を辞めずに今の人間関係を維持したままMSLになれるのは最高です!

ただ、デメリットとして、いつどのタイミングで社内異動できるのかわかりません。

待っているだけでは何も起こりません。

社内の上司などの強力なネットワークを使用して異動できるケースもあるようですが、稀でしょう。

私なら、どうするか。

異動も考えながら、転職サイトに登録してMSLにチャレンジするのが良いんじゃないかなと思います。

特に、優秀なMRの方には、転職は一考の価値があると言えます。

なぜなら、今はMRは6万人。

MRの方には怒られてしまうかもしれませんが、今のままMRで居続けるのはリスクがあります。

各社製薬会社はいよいよ氷河期に入ろうとしており、リストラがはじまり、

家賃手当削除など福利厚生を変えようとしています。

つまり、若手であろうとなんであろうと、人員整理の時代に入ったということです。

特に2018年はそのような年でしたね。

アステラス、エーザイ、サノフィなどリストラを発表していました。

まとめると、異動の可能性があるのなら異動も視野に入れながら、

転職を考える方が良いと思います。

異動は、適材適所ということで、自分の予想外の異動が多いのが常かと思います。

一方で、転職は自分の意思でコントロールできます。

希望する職種、勤務地など考慮できる場合がありますので。M

転職はタイミング?!

一時、MRからMSLへ転職するのはハードルが低い時期がありました。

数年前の話です。若手でサイエンスのバックグラウンドがあり、

英語ができれば簡単に転職出来ました。

つまり、タイミングによっては転職が出来たのです。

MSLへの転職は今ほどハードルが高くありませんでした。

タイミングの見極めって非常に難しいと思うのですが、

一番わかりやすいのは、何か新しいことが始まったタイミングに合わせて動くことです。

常に情報収集がきちんと出来ていれば、何かが始まった!

というそのタイミングに合わせて活動出来たはずです。

最近ではバイオベンチャーへの転職が流行っていますね。

私はバイオベンチャーへの転職は大いに有りだと思います。

立ち上げの第1期生として入社できれば給料も高いし、RSUもつくし、

昇進しやすいからです。

バイオベンチャーへの転職もまさにタイミングです。

常に情報収集をすることでチャンスを伺い、転職する、

素晴らしい戦略だと思っています。

自分は転職しなくて良いと思っていたら、

良いタイミングがあったのになくなったということがあります。

以前であれば、転職しやすかったのに、気付けば以前のままMRをしていた、

ということは多々あると思います。

常に、社内にいるにしろ転職するにしろ、色々な手段を考えておくことは重要です。

もし転職にお悩みの方は、相談いただければ、

私の考えにはなりますが、転職するメリット、デメリットをお伝えしようと思います。

転職も選択肢の一つとして考えておくことは重要だと思います。

同じ会社でサラリーマンを終えようと考える人よりも視野も広くなりますし、

転職市場での自分の価値がわかりますので。

ちなみに、以下のミイダスって自分の適正年収、自分の可能性みたいなものを

知れて面白いですよ。




スポンサーリンク

-年収・キャリア

Copyright© バイオ・医薬品業界におけるメディカルアフェアーズのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.